JAマーク JA新聞連(全国新聞情報農業協同組合連合会)
 

 

 
JA新聞連とは?
セミナーのご案内
JA広報通信
豆類共励会
お問い合わせ
トップページ
   
JA新聞連とは?−歴史はぐくみ60年

 JA新聞連は、JAの広報活動支援を最大の役割としています。それを担う媒体が会員制月刊マガジン「JA広報通信」とその「CD-ROM版」です。昭和44年8月に創刊の「機関紙だより」をルーツに「農協機関紙通信」「農協広報通信」と誌名を変え現在に至っています。JAの広報誌、ホームページづくりを支援する「編集基礎講座」、JAの広報誌に転載可能な「制作資料集」で構成されています。
 また、JA、県連の広報担当者を対象にした各種セミナーをJA全中と共催、JAの広報担当者のネットワークづくりに取り組んでいます。


新聞連の歴史

 昭和23年8月3日、全国新聞情報農業協同組合連合会が産声を上げました。平成14年8月に株式会社 日本農業新聞が設立されるまで、「日本農業新聞」の発行母体としてJAグループの情報受発信機能を担ってきました。その機能を譲って以降も、JA、全国連の広報支援を主な役割として、関連する媒体の自主発行、受注制作を行っています。

 組合員・農家とJA・役職員を結ぶ絆づくりに専心して60年、これからもJAグループとともに歩み続けます。

年表

JA新聞連の歩み 年月 「日本農業新聞」の動き
新聞連設立(8月) 1948年  
  1949年 (社)日本新聞協会に加入
  1958年 隔日刊に拡大
「機関紙だより」創刊(8月) 1969年  
  • 農協共済全国小・中学生「交通安全ポスターコンクール」審査結果の冊子を発行
  • 日本豆類基金協会と共催で「第1回稲作転換豆類経営改善共例会」を実施、表彰式(3月)
  • 発足した全農から受注した「全農通信」を発刊(3月)
1972年  
「農協機関紙通信」に改題(4月) 1973年  
農協共済全国小・中学生「書道・交通安全ポスターコンクール」冊子発行 1974年  
「農協広報通信」に改題(4月) 1978年 全国日刊に拡大
  1987年 日曜発行を開始、四コマ漫画「ゴリパパ一家」連載スタート
  1988年 創刊60周年、電算編集システム導入
  1991年 発刊10,000号、55万部を達成
「JA広報通信」に改題(4月) 1992年  
  1993年 創刊65周年、「日本農業新聞」題字を新デザイン
「農政運動ジャーナル」創刊 1995年  
新生「JA全農」誕生し「JA全農ウィークリー」創刊(10月) 1998年 創刊70周年
  2001年 新電算システム導入、ウェブサイト「e農net」創設

「株式会社 日本農業新聞」が設立。株式の87%を取得し、親連合会として事業局広報制作部の事業開始(8月)

2002年 発行母体を「株式会社 日本農業新聞」に移管(8月)
  2003年 創刊75周年
  • 広報誌づくりセミナー(初級コース)をJA全中と共催(7月)
  • JA共済小・中学生「書道(50回)・交通安全ポスターコンクール(35回)」記念冊子発行
2006年  
  • 「エーコープラインたより」を受注(1月)
  • 「エーコープライン」から社名が変わり、新会社「全農物流」が誕生し、「全農物流たより」発刊(12月)
2007年 地区版完全ワイド化
JA新聞連創立60周年 2008年 創刊80周年、新電算編集システム導入、拡大文字(N字)に移行

全国新聞情報農業協同組合連合会 役員一覧(平成29年7月27日)

役職名 氏名 所属中央会・連合会等
代表理事会長 大橋 信夫 福島県農業協同組合中央会会長
福島県厚生農業協同組合連合会経営管理委員会会長
副会長理事 青江 伯夫 岡山県農業協同組合中央会会長
岡山県厚生農業協同組合連合会経営管理委員会会長
常務理事 中山 浩彦 学識経験者
理事 中野 吉實 全国農業協同組合連合会前経営管理委員会会長
理事 市村幸太郎 全国共済農業協同組合連合会経営管理委員会会長
代表監事 髙桑 光雄 JAバンク代表者全国会議前副議長
監事 庄司  弘 (株)日本農業新聞常勤監査役
トピックス JAグループへのリンク サイトポリシー
(C)2009 全国新聞情報農業協同組合連合会 All Right Reserved.

コンテンツ